ろうそくやLEDライトで美しく彩られた砂浜=伊豆市土肥

 伊豆市の土肥海水浴場で26日夜、来場者参加型のイベント「トイ・トワイライト・キャンドル」(市観光協会土肥支部主催)が開かれた。約6千個のペットボトルに入れたろうそく、発光ダイオード(LED)ライトで砂浜を美しく彩り、去りゆく夏シーズンに別れを告げた。

 地元有志で組織する「トイズ・ボックス」(勝呂拓也代表)が企画した。砂とろうそく、LEDを入れたペットボトルを午後から並べて準備し、6時に点火。関係者約40人のほか、浴衣姿の宿泊客も加わった。周囲が暗くなり始めると、砂浜は次第に幻想的な雰囲気となった。道路沿いから全景を眺めると「2018・8・26」「I〓(ラブ)IZU」などの文字が分かるように演出しており、来場者は「きれい」などと話しながら観賞した。

 昨年に続く開催。3月には土肥小閉校イベントでも行った。勝呂代表は「旅館などの協賛を得て開いている。応援が得られれば、夏最後のイベントとして続けたい」と話した。

 【写説】ろうそくやLEDライトで美しく彩られた砂浜=伊豆市土肥

 【文末編注】〓(2661)はハート(白)