スルガ銀行が開設した天城湯ケ島サイクルステーション=伊豆市市山

 ■来月、プロローグツアー 美伊豆など

 美しい伊豆創造センター(美伊豆)などは9月8、9の両日、「伊豆半島一周サイクリング」(愛称・伊豆いち)のPRイベントとして、「伊豆いちプロローグツアー」を開く。伊豆市をスタートする3コースを体験してもらい、11月に開く伊豆いちをアピールする。9月3日まで参加者を募集している。

 11月17、18日に行う伊豆いちは、一般社団法人ルーツ・スポーツ・ジャパン(RSJ)と美伊豆が主催し、スルガ銀行が特別協力する。今年は4カ所から同時スタートする「ショットガン・スタート方式」を採用し、日帰りも含めて千人の出場を目指している。

 プロローグツアーは、同銀行が天城湯ケ島支店跡地に昨年開所した天城湯ケ島サイクルステーションをスタートする40キロ、60キロ、90キロのコースを用意した。比較的勾配が小さく、地域の食や歴史、文化に触れることができるコースで、定員は各コース・各日10人の計60人。参加無料。

 同銀行は天城湯ケ島と御殿場、神奈川県湯河原の3カ所にサイクルステーションを開設し、サイクリングイベント「プレミアムライド」を開いている。今年は年間30回を計画。2004年アテネ五輪に出場した田代恭崇さんが代表を務める会社リンケージサイクリングとともに開いており、今回のプロローグツアーのコースも田代さんが監修した。

 同銀行は「五輪開催に向けて各自治体が頑張っている中、地元の企業として協力したい」と話した。プロローグツアーの問い合わせは、平日午前10時~午後5時半にRSJ事務局〈電03(3354)2300〉へ。

 【写説】スルガ銀行が開設した天城湯ケ島サイクルステーション=伊豆市市山