オープンを祝いテープカットする関係者=伊豆の国市田京

 ■生産台数世界2位

 自転車販売のミヤタサイクル(本社・川崎市、高谷信一郎社長)は1日、世界2位の生産台数を誇る台湾の自転車ブランド「メリダ」の展示・試乗施設「メリダ・エックス・ベース」を伊豆の国市田京の伊豆ビレッジ(元みんなのハワイアンズ)内にオープンした。2020年東京五輪・パラリンピック自転車競技の県内開催も見据え、自転車による伊豆半島全体の活性化を目指す。

 約1年前までフラダンスショーが行われていた施設内の約1300平方メートルを改装した。同社が国内独占販売権を有するメリダの自転車約200台を展示。マウンテンバイク、ロードバイク、キッズバイク、E―バイク(電動アシスト自転車)など、最新モデルの国内取り扱い全車種をそろえた。レンタルサービスや自転車用品の販売なども行う。

 初日はオープニングセレモニーを開いた。高谷社長は「2020年に向け、伊豆や県東部は世界のサイクリストから注目を集めている。この施設を核として、地域のサイクルツーリズムの発展につなげたい」とあいさつ。土屋優行副知事、小野登志子市長、庄司政史・時之栖社長ら来賓や、ゲストのマウンテンバイク世界王者経験者ホセ・ヘルミダさん(スペイン)とテープカットを行った。

 【写説】オープンを祝いテープカットする関係者=伊豆の国市田京