バルーンアーティスト瞳さん(左)のパフォーマンス=横浜中華街のアンテナショップ美・伊豆

 ■土肥の塩飴も好評 

 伊豆半島の13市町でつくる美しい伊豆創造センターは2日、横浜市の横浜中華街に開設しているアンテナショップ「美・伊豆(び・いず)」で伊豆出身のバルーンアーティストを招いたパフォーマンスイベントを開いた。

 世界的バルーンアーティストの瞳さんが、動物などをかたどったバルーン作品を次々創作。無料で配り、来店の685人を喜ばせた。伊豆市土肥の塩で作った塩飴も無料でサービスし、大好評だった。2階のイートインコーナーでは夏季限定のかき氷、伊豆の地ビールも人気だった。

 同ショップでは30日に伊豆市在住の藍染め作家を招いた「藍の生葉を使った“たたき染め”ワークショップ」、10月27、28日には県立沼津商業高生らが“ジオ・パン”などを特別販売する「沼津・のっぽパンまつり」も予定。同センターは「今後も好評いただいている物販に限らず芸能、文化発信ができるアンテナショップとして力を入れたい」としている。

 【写説】バルーンアーティスト瞳さん(左)のパフォーマンス=横浜中華街のアンテナショップ美・伊豆