全国大会で3位に入ったパワフルキッズ小学生高学年=群馬県

 ■鈴木キャプテン「悔しい、次に生かす」 

 伊豆の国市を拠点に活動するチアリーディングチーム「パワフルキッズ」(相原健二監督)が、「ジャパン・カップ2018」(日本チアリーディング協会主催)の自由演技競技・小学校高学年部門で3位に輝いた。3位以内に入るのは2年連続。

 ジャパン・カップは群馬県高崎市の高崎アリーナで開かれた。同部門には8チームが出場し、2分20~2分30秒の演技で競った。同チームは4~6年の男女19人で臨んだ。男子が宙返りを披露するなど、会場を沸かせる演技を見せ、3位に入った。

 優勝を目指していたというキャプテンの鈴木麻弥さん(長岡南小6年)は「いつもは失敗しないところで失敗してしまい、3位になってしまったが、この悔しい思いを次の大会に生かしていきたい」と言葉に力を込めた。

 相原監督は「練習でできているところをミスし、悔いが残る。基本をやり直し、来年の夏を目指していきたい」と語った。

 同チームは会員を募集している。問い合わせは、相原監督〈携帯090(8544)3895〉へ。

 【写説】全国大会で3位に入ったパワフルキッズ小学生高学年=群馬県