全国日本おかあさんコーラス大会の受賞報告する指揮者芹沢さん(左)と三島フラウェンコールのメンバー=三島市役所

 合唱団体「コア・クライス・セリ」の三島市内のメンバー5人が27日、市役所を訪れ、全国日本おかあさんコーラス大会で優秀賞にあたる「ひまわり賞」を受賞したことを豊岡武士市長に報告した。

 同団体は沼津市に住む合唱指揮者芹沢卓弥さん(57)が指導する4市7団体で構成され、今大会は129人が出場した。三島市内はコールたんぽぽと三島フラウェンコールの2団体。2006年に結成した。全国大会は8月下旬の2日間、愛媛県で開かれ、県、関東大会を通過した64団体が出場した。

 来庁したのは芹沢さんと三島フラウェンコールの5人。芹沢さんは「全国出場2回目で受賞した。100人以上が一つになった結果」と話した。フラウェンコールの鈴木福美代表は「努力が認められた。練習を通して声の響きが変わった」と受賞を喜んだ。

 豊岡市長は「みんなで歌うことは楽しいことだと多くに知ってほしい」と話した。

 【写説】全国日本おかあさんコーラス大会の受賞報告する指揮者芹沢さん(左)と三島フラウェンコールのメンバー=三島市役所