期間限定で車内に掲出する第41回「良い子の絵画展」作品=伊豆箱根鉄道

 ■沿線4市町14校参加 

 伊豆箱根鉄道(三島市)は28日から、修善寺−三島を結ぶ駿豆線の車内で恒例の「良い子の絵画展」特別電車を運行する。10月10日まで期間限定で、沿線の小学生から寄せられた個性あふれる作品71点を楽しんでもらう。

 芸術の秋にちなみ、車内で広告ポスターを掲出する場所を活用。1977年から始まり、2012年からは駿豆線沿線地域活性化協議会と共催している。

 作品は、富士山を望む沿線の風景や電車をはじめ、夏休みの思い出や友だちの顔、太陽などテーマはさまざま。絵の具や色えんぴつなどを使って、のびのびとカラフルに描かれている。

 沿線4市町の14小学校が参加し、運転本数は1日2~11往復。詳しい時刻表は同社ホームページで確認でき、「子どもたちの力作をぜひ楽しんでほしい」と呼び掛けている。

 問い合わせは同社運輸課〈電055(977)1207〉へ。

 【写説】期間限定で車内に掲出する第41回「良い子の絵画展」作品=伊豆箱根鉄道