第50回の節目を記念し多彩な芸術作品が並ぶ前期展会場=函南町文化センター

 ■あす記念式典 土屋元協会長らに感謝状

 今年で50回の節目を迎える函南町文化祭(町主催、町文化協会共催、伊豆日日新聞など後援)が28日、上沢の町文化センターで開幕する。「人の和で広げていこう文化の輪」をテーマに、協会加盟の約70団体と町民が一体となり、多彩な作品展示や舞台を繰り広げる。

 30日までの前期展は写真、手芸、工芸の作品紹介や、茶道など。最終日には音楽祭と将棋・囲碁大会も開く。

 節目を記念し、29日午前には大ホールで式典も開く。長年の功績をたたえて、元文化協会長の土屋弘光さんと、団体の舞台研修会に感謝状を贈る。日舞や尺八の記念公演もある。後期展は10月5日からで、7日の芸能発表会は50回記念の「猫踊り」で締めくくる。

 榎本政夫会長は「さらなる50年、半世紀に向かって、相互の交流から文化の機運がさらに活発になるとうれしい」と期待を込めた。

 【写説】第50回の節目を記念し多彩な芸術作品が並ぶ前期展会場=函南町文化センター