1日に発売されるキャンディー「伊豆紅ほっぺのつぶつぶ苺みるく」

 ■伊豆の国産イチゴジャム 丹那牛乳使ったミルクあめで包む

 藤枝市の甘信堂製菓は10月1日、キャンディー「伊豆紅ほっぺのつぶつぶ苺(いちご)みるく」を発売する。伊豆の国市産のイチゴ「紅ほっぺ」のジャムを丹那牛乳を使ったミルクあめで包み込んだ一品で、二つの味と食感が一粒で楽しめる。

 静岡県産の原料を活用したキャンディー「静岡恵シリーズ」の第4弾で、これまでに「手作り練乳の抹茶ラテ」「三ケ日の里山はちみつみかん」「静岡酵母の酒まんじゅう飴(あめ)」を販売した。

 伊豆紅ほっぺのつぶつぶ苺みるくは、客から味がしっかりしておいしい紅ほっぺジャムをもらったのがきっかけ。全国的にも有名な伊豆産の原料を使ってあめを作りたい−と開発した。ミルクあめは香料を使用することが多いが、乳成分の配合を高めることで無香料、無着色を実現した。

 沢本みさお社長は「飽きのこない自然なミルクキャンディーの中に、甘酸っぱい紅ほっぺジャムを包み込んだ。ミルクとイチゴのコラボレーションを楽しんでほしい」と話す。

 内容量は70グラムで、オープン価格。伊豆の国市のいちごプラザ、蔵屋鳴沢、函南町の酪農王国オラッチェ、三島市の伊豆・村の駅などで取り扱う。問い合わせは甘信堂製菓〈電054(641)6582〉へ。

 【写説】1日に発売されるキャンディー「伊豆紅ほっぺのつぶつぶ苺みるく」