城山をバックにスタートする参加者=伊豆の国市の中島運動公園

 サイクリングイベント「ライド&ライド伊豆狩野川」(実行委員会主催)が29日、三島・田方地区や沼津市の狩野川沿いを舞台に行われた。

 ガイド&サポートサイクリストが帯同し、参加者たちは、観光名所なども巡りながらサイクリングを楽しんだ。

 「狩野川100キロサイクリング」から名称、形態を変えながら継続し19年目。今年は同イベントを広くアピールしようと、これまでの「ライド&ライド狩野川」に「伊豆」を入れ、ロゴマークも刷新した。

 伊豆の国市の中島運動公園をスタート・ゴールに、三島の歴史、湧水の道を巡ったり、中伊豆のわさび田や大瀬崎を目指したりする40~80キロの6コースを用意した。今回は雨天のためコースを短縮して行った。

 県内を中心に、神奈川県や愛知県など全国各地から約80人がエントリーした。スタートを前に、三島市、沼津市、長泉町から参加した自転車仲間は「伊豆ベロドロームを実走できるのが楽しみ」と語った。

 30日も実施する予定だったが、台風24号の影響を考え中止となった。

 【写説】城山をバックにスタートする参加者=伊豆の国市の中島運動公園