澄んだ歌声や息の合った演奏を披露するかふぇもかの2人と仲間たち=伊豆市修善寺の修禅寺

 ■きょう初代受賞者出演

 伊豆市修善寺温泉の「桂座コンサート」(ノスタルジックロマン修善寺推進委員会主催)が5~7日の3日間、修禅寺本堂で開かれている。最終日は、「桂座音楽賞」の初代グランプリ受賞者で、バイオリンとコントラバスの2人組み「スタイルスリー」が出演する。

 初日は、本年度の同音楽賞でグランプリを獲得したアコースティックユニット「かふぇもか」が、ベースやコーラスなどの音楽仲間とともに出演。ギターとオカリナの演奏や澄んだ歌声を本堂に響かせた。来場者は厳粛な雰囲気の中でのコンサートを堪能し、曲が終わるごとに大きな拍手を送った。

 6日は前年度のグランプリを受賞した3人組み「わをん」が出演した。

 かつて同温泉の一角に芝居小屋「桂座」があり、地元の人たちの娯楽のシンボルとしてにぎわっていた。昭和30年代になくなったが、伊豆新世紀創造祭を契機に有志が「芸能処(しょ)・桂座」として復興した。

 7日は午後6時開演。当日券は3500円。問い合わせは事務局の同市観光協会修善寺支部〈電0558(72)2501〉へ。

 【写説】澄んだ歌声や息の合った演奏を披露するかふぇもかの2人と仲間たち=伊豆市修善寺の修禅寺