■五輪種目で熱いレース シャトルバスも運行―JKA

 公益財団法人JKA(本部=東京都港区、笹部俊雄会長)は13、14の両日、フェス型自転車イベント「トラック・パーティー2018イン・オータム」を伊豆市大野の伊豆ベロドロームで開く。3回目の今回は初の2日間開催として、内容を充実させた。

 メーンイベントのトラックレースには、今回も世界各国のトップ選手が多数出場する。「ケイリン」「マディソン」など、同会場で2020年に開かれる東京五輪の種目を中心に、熱いレースを繰り広げる。初日は午後1時、14日は0時半開始予定。

 国際化を見据えて前回設置して好評だった「有料VIPエリア」は増席する。屋外エリアでは「ファミリー・フード・フェス」「各種体験ゾーン」などを設ける。両日とも午前10時に開場する。

 伊豆箱根鉄道修善寺駅、JR伊東駅と三島駅からはシャトルバスを運行する。

 昨年、日本初のイベントとして開催。今年春の第2回は総勢3千人が来場し、名実ともに日本最大のフェス型サイクルイベントになった。