発行された県東部14市町の移住・定住ガイドブック

 ■移住後のイメージ、

 県東部支援局は管轄する14市町と協働し、移住・定住を促すガイドブック「子育てするなら静岡県東部に住もう」を発行した。前年度に作製した内容を刷新し、写真などを多く使用して移住後のイメージがしやすいようにした。地域の人口減少に歯止めをかけるため、子育て世代をはじめ多くの人たちに県東部地域に興味を持ってもらうよう、人口が集中している首都圏で積極的に配布する。

 A4判、オールカラーの24ページ。首都圏に通勤・通学が可能な地域であることを示す地図、各市町の特徴や魅力、人口・学校・医療機関などのデータ、子育て支援策をはじめ移住・定住を検討している人に有益な施策の一覧などを掲載した。

 各市町のウェブサイトに直結するQRコードも掲載した。移住後の就職に役立つよう、企業情報につながるサイトも紹介した。

 14市町一体となった広報媒体作製は、一昨年のリーフレットを含め3回目。同支援局は「まずは県東部地域の魅力を知ってもらい、移住・定住を検討するきっかけにしてほしい」と話した。

 8千部作製。東京都内の「ふじのくにに住みかえる静岡県移住相談センター」「静岡U・Iターン就職サポートセンター」「移住・交流情報ガーデン」や東部の県出先機関、14市町で配布している。

 【写説】発行された県東部14市町の移住・定住ガイドブック