小坂神社例大祭で浦安の舞を奉納する女児たちが願い事を書いた灯籠=伊豆の国市小坂

 ■きょう小坂神社例大祭

 21日に行われる伊豆の国市小坂の小坂神社例大祭を前に20日、当番町の住民たちが神社周辺に灯籠などを設置した。今年は浦安の舞を奉納する小学4、5年生5人の願い事を書いた灯籠を初めて飾った。

 子どもたちの思い出づくりや祭りを盛り上げようと企画した。神社から小坂公民館まで約400メートルに綱を張りながら設置した。「家族や親戚がいつまでも元気でいられますように」「剣道で強くなりたい」などと記されている。

 当番町の井川敏秋さんは「どうかなと思ったがみんなが書いてくれた。近所の人にいいねと言われてうれしかった」などと話した。

 21日午前10時半に、神主や奉仕者ら約30人の総列が神社に向かって公民館を出発。浦安の舞は11時、本殿で奉納される。

 【写説】小坂神社例大祭で浦安の舞を奉納する女児たちが願い事を書いた灯籠=伊豆の国市小坂