防犯功労者表彰の受賞報告をする山本さん(中央)と青木さん(右)=三島署

 ■地域安全、非行防止に尽力

 三島署管内で長年地域安全や、少年非行防止活動を続ける山本俊夫さん(71)=中央町=、青木まり子さん(65)=本町=が、県防犯協会連合会長・県警本部長連名の防犯功労者表彰を受けた。24日、同署を訪れ受賞の喜びを報告した。

 地域安全活動功労の山本さんは19年間にわたり、地域安全推進員として活動し、見守りや防犯パトロール、高齢者が対象の防犯キャンペーンに貢献した。

 少年非行防止活動功労の青木さんは15年間、少年指導委員として、毎月実施される街頭補導に積極的に参加。少年の健全育成に意欲的に取り組んでいる。

 山本さんは「びっくりしたが、今までと同じように元気に活動を続けたい」、青木さんは「うれしく感じている。これからも子どもたちのために活動に積極的に参加したい」と語った。高橋敏文署長は「受賞は、多年にわたる活躍と努力のたまもの。今後も地域安全のためにぜひ力をお願いしたい」と述べた。

 【写説】防犯功労者表彰の受賞報告をする山本さん(中央)と青木さん(右)=三島署