社会福祉功労を受けた表彰者たち=伊豆市の修善寺生きいきプラザ

 ■19人・4団体表彰、活動発表も

 伊豆市社会福祉協議会(飯田正志会長)は27日、2018年度の市社会福祉大会(同市後援)を修善寺生きいきプラザで開いた。式典や日頃の活動発表を通じ、住民と一緒に健康長寿や福祉への理解と関心を深め合った。

 社会福祉功労者の表彰式では19人・4団体に同市社協会長表彰を贈り、飯田会長は「大会を機に互いの連携を深め、地域福祉と健康増進の向上に取り組んでいきたい」とあいさつした。東京五輪・パラリンピック大会組織委員会によるボランティア活動案内もあった。

 活動発表には56団体が出展。新鮮な野菜果物や手芸品の販売、福祉事業所の手作り雑貨コーナーなどが並んだ。生活支援ロボットの体験ブースなどもあり、大勢でにぎわった。

 表彰者は次の通り。

 【市社会福祉協議会会長表彰】民生委員児童委員・主任児童委員表彰 竹内一良(大平)黒田健祐(八木沢)鈴木八十博(田沢)鈴木光子(雲金)▽ボランティア功労表彰 三須照枝(牧之郷)金刺絢子(小下田)小泉智恵子(宿)杉本つね子(冷川)▽社会福祉活動功労者・功労団体表彰 飯田美代子(地蔵堂)ほほえみサロン、横天ふれあいサロン、修善寺南地域福祉委員会▽障害者自立更生表彰 内田可愛(菅引)稲木伸也(本立野)長谷川陽一(青羽根)大谷昌義(本立野)日吉暁久(駅前)▽介護功労者表彰 池川静江(宿)佐藤賢吾(下白岩)▽その他功労者表彰 JAメモリアルセンター、近田優(牧之郷)神田信子(同)熊山智代(土肥)

 【写説】社会福祉功労を受けた表彰者たち=伊豆市の修善寺生きいきプラザ