子どもたちの人気を集めた深海魚ふれあいコーナー=沼津市の戸田御浜岬公園

 沼津市戸田地区の活性化と観光振興を目的にした「第14回戸田さんさんまつり」(実行委員会主催)が4日、戸田御浜岬公園で開かれた。多くの市民や観光客が来場し、海の幸・山の幸をはじめとした特産品販売、タカアシガニ・深海魚ふれあいコーナー、ステージイベントなどを楽しんだ。

 子どもたちの人気を集めたふれあいコーナーには、サメやアンコウ、メンダコ、エビ類などを用意した。裾野市から来た4人家族の7歳男児は、「魚博士になりたい」というほどのファン。次々と深海魚の名前を言いながら熱心に触り、スタッフを関心させた。

 特産品販売には各種団体、企業など26団体が、へだトロはんぺんや戸田塩だっ手羽、漁師鍋、野菜、お茶などを販売した。B級グルメフェアには富士宮やきそば、いとうナゲット、みしまコロッケなどが並び、ステージイベントは音楽ライブや深海魚○×クイズ選手権などを行った。

 実行委員会事務局の市商工会戸田支所は「戸田は小規模事業者がほとんどなので、いかに販路を開拓するかが重要。観光客も来てくれるイベントを通じ、埋もれている戸田の良い物を知ってほしい」と話した。

 【写説】子どもたちの人気を集めた深海魚ふれあいコーナー=沼津市の戸田御浜岬公園