アドバイスを受けながらオリジナル絵手紙に挑戦する来場者たち=函南町保健福祉センター

 ■バザー、グルメ、体験コーナー 

 第36回函南町ふれあい広場(町、町社会福祉協議会主催)がこのほど、町役場駐車場や町保健福祉センターで開かれた。計76の多彩な出店ブースが並び、地元中学生や県警音楽隊の吹奏楽演奏もあり、にぎわった。

 会場ではバザーやグルメ屋台をはじめ、子ども向けゲームコーナーなどが人気を集めた。絵手紙仲間による体験ブースには老若男女が集まり、思い思いにオリジナルの作品作りにチャレンジした。武術太極拳や「ロコモ・キュンキュン体操」、手話唄なども披露し、来場者を楽しませた。

 同協議会は「好天に恵まれて大勢に足を運んでもらい、『心触れ合う豊かな福祉』の開催テーマらしい一日になった」と話した。

 【写説】アドバイスを受けながらオリジナル絵手紙に挑戦する来場者たち=函南町保健福祉センター