火災予防の街頭啓発で活躍する幼年消防クラブの園児=三島市の日清プラザ・イトーヨーカドー三島店前

 ■園児120人が「火の用心」 

 富士山南東消防本部(斎藤忍消防長)は秋季火災予防運動前日の8日、三島市の日清プラザ・イトーヨーカドー三島店前で街頭啓発した。市防火協会と市内の幼年消防クラブの幼保3園の約120人が買い物客に「火の用心」を呼び掛けた。

 運動は9日から15日。毎年、春と秋の運動に併せて街頭啓発している。今回はポケットティッシュ200個を配った。

 幼年消防クラブは北幼、伊豆佐野保、ようらん保の園児が出動。「火の用心」「戸締まり用心」と書かれたそろいの法被姿で競うように買い物客に火災予防を訴えた。

 同消防本部は「火の取り扱いが増える時期なので気をつけてほしい。継続的な予防に協力してほしい」と呼び掛けた。

 運動初日の9日も管内の裾野市、長泉町で行う。

 【写説】火災予防の街頭啓発で活躍する幼年消防クラブの園児=三島市の日清プラザ・イトーヨーカドー三島店前