多彩な19店舗が家族連れや観光客の関心を集めた「ゼロイチマーケット」=三島市中央町

 ■市内外の19店並ぶ

 三島市中央町にある「みしま健幸塾」の隣接地で23、24の両日、多彩なグルメや雑貨が集う「ゼロイチマーケット」(実行委員会主催)が開かれた。2日間で市内外の19店舗が出店し、大勢の観光客や市民らの関心を集めた。

 来年5月に、新たな文化づくりを計画する場所で“ゼロからイチの新たなにぎわいを生み出す第一歩”をテーマに初めて開催した。空間やデザイン性にこだわる「マルシェ」トライアル企画として、個性的な焼き菓子や旬の食材のハンバーガー、欧米各地から取り寄せたこだわりのアンティーク家具が並んだ。

 函南町から出店したフローリスト花咲は、人気が高い和洋の色付きドライフラワー、クリスマスリースなど200点以上を紹介。親子連れや、若い女性らの人気を集めた。

 伊豆の国市から子どもと一緒に訪れた30代の主婦は「魅力的なお菓子や食器が多く、楽しめた。ぜひまた、家族で来たい」と話した。

 【写説】多彩な19店舗が家族連れや観光客の関心を集めた「ゼロイチマーケット」=三島市中央町