にぎわった三島、伊東両市の特産品抽選会=三島市の楽寿園

 ■推協イベントで特産品抽選

 伊豆半島ジオパークPRイベントが23日、「菊まつり」を開催中の三島市立公園楽寿園で行われた。同市と伊東市の共同開催。両市の特産品が当選する抽選会や物産販売を通してアピールした。

 世界認定を受けて開催した。干物や箱根西麓野菜の詰め合わせなど両市が6点を用意。ゆかりのゆるキャラ3体も登場した。

 抽選会は豊岡武士・三島市長と佐野博之・伊東市副市長がくじを引き当選者を決めた。豊岡市長は「大地を学び美しい菊を見て心豊かになって帰ってほしい」、佐野副市長は「市内には多くのジオサイトがあるので訪れてほしい」と呼び掛けた。会場では両市から7軒が出店して干物、伊東ナゲット、みしまコロッケなどを販売した。

 同公園は30日まで1カ月間開催中の菊まつりでテーマに「伊豆半島世界ジオパーク認定記念」を掲げている。

 【写説】にぎわった三島、伊東両市の特産品抽選会=三島市の楽寿園