丸山署長から表彰を受ける大島さん(右)と大門さん(右から2人目)=函南町の桑村小

 ■大島さん(函南桑村小6年)、八木さん(韮山中3年)

 三島間税会が三島税務署管内の三島市、伊豆市、伊豆の国市、函南町の児童・生徒から募集した「税の標語」で、函南町立桑村小の大島未藍さん(6年)の「税金で 変わる未来の 輝く姿」、伊豆の国市立韮山中の八木琴音さん(3年)の「税金が 日本の未来の かけはしに」が三島税務署署長賞に選ばれた。

 税を考える週間(11~17日)啓発活動の一環。ポスターの部では桑村小の大門未來さん(6年)が三島税務推進協議会長賞に選ばれ、併せて表彰された。

 大島さんは「地域の人をはじめ、大勢の大人に自分の考えた標語を知ってもらいたい」と語り、同署の丸山新次署長は「子どもたちが税に対する高い関心を持ってくれていると感じた」と語った。

 【写説】丸山署長から表彰を受ける大島さん(右)と大門さん(右から2人目)=函南町の桑村小