三島市長選(9日告示、16日投開票)に出馬を予定する県議宮沢正美氏(69)が30日、辞職願を県議会議長に提出し許可された。辞職に伴う県議補選は行われない見通し。

 宮沢氏は同市三ツ谷新田出身。1999年から市議を2期務めた後、2007年の県議選で初当選し3期目だった。これまでに自民党県連会長、総務会長、幹事長の三役を歴任している。

 市長選には3選を目指す現職豊岡武士氏(75)、新人の経営コンサルト会社社長石井真人氏(39)が出馬に向け準備している。