人気を集めるかけそばの販売コーナー=伊豆の国市の浮橋公民館

 ■住民ボラ150人運営

 伊豆の国市の浮橋公民館で2日、「第24回浮橋そばの里祭り」(実行委員会主催)が開かれた。市内外から多くの人が訪れ、地元産のかけそばなどに舌鼓を打った。

 かけそば、生そばは合わせて2千食を用意した。どちらも販売開始前から長蛇の列ができた。かけそばを味わった伊東市の2家族は「毎年来ている。とてもおいしい」と笑顔を見せた。餅や野菜などの販売も人気だった。

 同地区はそば作りが盛んで、市民の交流などを目的に「秘伝・まぼろしのそばの里」と銘打ち、毎年同祭りを開いている。住民約150人がボランティアで運営を手伝った。

 会長の川口重美区長は「そばの里祭りを通して浮橋を知ってもらい、地域の活性化につながればうれしい」などと話した。

 【写説】人気を集めるかけそばの販売コーナー=伊豆の国市の浮橋公民館