学習の成果を披露する出演者=伊豆の国市のアクシスかつらぎ

 ■練習の成果、堂々と 

 伊豆の国市高齢者学級「長岡寿大学」(河合勝也学長)はこのほど、芸能発表会をアクシスかつらぎで開いた。応援も含め約150人が集まり、出演者たちが合唱や日本舞踊、フォークダンスなどを堂々と発表した。

 毎年1月に実施していたが、寒い時期であることなどから11月に変更した。河合学長はあいさつで「練習の成果を思う存分に発揮し、各地域のチームワークを見せてほしい」と呼び掛けた。

 合唱を中心に、15演目を繰り広げた。天野地区の男性は、亡くなった弟が好きだった「兄弟船」などをギターの弾き語りで披露した。合唱やフォークダンスなど3演目に出演する女性もいた。次回は来年3月に、学習会を計画している。

 【写説】学習の成果を披露する出演者=伊豆の国市のアクシスかつらぎ