巡回に繰り出す青色防犯パトロール車=伊豆の国市のあやめ会館駐車場

 伊豆の国市は5日、青色防犯パトロール出発式をあやめ会館駐車場で開いた。市に加え、警察、消防、防犯団体から約50人が出席。青パト、パトカー、消防車両10台に乗り込み、市内のパトロールに繰り出した。

 市が独自に定める「安全で安心なまちづくり推進月間」の一環。12月は犯罪や交通事故の多発が懸念される時期であることから、市では推進月間に設定している。

 出発式で小野登志子市長は「安全で安心して生活できる地域社会の実現に向け努力していく」、大仁署の平井伸英署長は「皆さんのおかげで大きな事件、事故がない。これからも協力してほしい」とあいさつ。田方中消防署の渡辺肇署長も防火に協力を呼び掛けた。

 市は期間中、子どもの下校時間に合わせて青色防犯パトロールを続けていく。

 【写説】巡回に繰り出す青色防犯パトロール車=伊豆の国市のあやめ会館駐車場