丸山税務署長から表彰状を受ける佐藤さん(右)=三島市の南中

 ■教科書題材「自分も将来頑張る」

 「税についての作文」(国税庁、全国納税貯蓄組合連合会主催)の中学生の部で、三島市立南中1年の佐藤心音さんが同連合会優秀賞に選ばれた。5日、表彰状が伝達された。

 本年度、中学生の部には、全国7511校から59万3795点の応募があり、内閣総理大臣賞、総務大臣賞などをはじめ、計192人に全国優秀賞が贈られた。三島税務署管内からは854点の応募があり、全国優秀賞に選ばれたのは佐藤さん1人だけだった。

 この日は三島税務署の丸山新次署長、三島田方納税貯蓄組合連合会の渡辺収造会長が同校を訪れ、表彰状と記念品を佐藤さんに手渡した。

 「ランドセルの中の税金」をテーマに作文を書いた佐藤さんは「教科書は税金で賄われていることを母親から教わり、税の大切さを学んだ。自分も将来、日本を担えるように頑張りたい」と話した。

 【写説】丸山税務署長から表彰状を受ける佐藤さん(右)=三島市の南中