伊豆の国市が制作した孫育てガイドブック

 伊豆の国市は、祖父母世代に最近の子育て事情や子育て世代の本音を知ってもらおうと「孫育てガイドブック~イマドキの子育て・孫育て~」を制作した。世代間の良好な関係を築き、三世代同居や近居の促進、市外に転出している子育て世代のUターンにつなげることを目指す。

 孫育てガイドブックは、B5判、16ページで1500部を印刷した。内容は▽楽しもう!孫育て(イマドキの子育て事情)▽パパ・ママ・孫がうれしかったこと▽今と昔の子育ての違い(食事編・お世話編・生活編)▽お悩み相談▽タブー集(やってはいけないこと)▽家の中の危険箇所チェック−など。

 「パパ・ママ・孫がうれしかったこと」では、祖父母が「アドバイスをしてくれて一緒になって悩んでくれた。とても心強かった」「初めにお金がかかるものを喜んで買ってくれた」「子どもにいろいろな体験をさせてくれる」など、子育て中の父母の生の声を載せた。

 市は「伊豆の国市に住む母親らの言葉が入っている。子育て世代との交流のきっかけになってもらえればうれしい」と話す。公共施設での窓口配架のほか、母子手帳の配布時、赤ちゃん訪問時などに配布する。

 問い合わせは、市政策推進課〈電055(948)1413〉へ。

 【写説】伊豆の国市が制作した孫育てガイドブック