来年のえと「亥」にちなんだ作品をはじめ会員の力作30点が並ぶちぎり絵展=函南町柏谷の湯~トピアかんなみ

1月21日まで30点を展示

 函南町のちぎり絵みやび会(吉川侑子代表)による企画展が26日、柏谷の温泉施設・湯~トピアかんなみで始まった。来年のえと「亥(い=いのしし)」にちなんだ作品をはじめ、メンバー12人がこの1年で制作した力作30点が並び、関心を集めている。1月21日まで。

 作品は色の付いた和紙を伸ばしたり、ちぎって貼りつけたりして完成させる。森の緑と流れる清流が印象的な「木漏れ日」や「熱帯魚」「かたくりの里」といった趣向を凝らした作品も同時展示。同会は「どれも明るさや、陰影にこだわって仕上げた自信作ばかり」とアピールしている。

 火曜日定休。問い合わせは同施設〈電055(970)0001〉へ。

 【写説】来年のえと「亥」にちなんだ作品をはじめ会員の力作30点が並ぶちぎり絵展=函南町柏谷の湯~トピアかんなみ