年末年始用の食材などを求める買い物客=伊豆市柏久保のJA農の駅伊豆

 ■きょうまでJA農の駅セール開催

 多くの企業や官公庁などで年末年始休暇が始まった29日、三島・田方地区のスーパーや商店などは買い物客でにぎわった。正月用の食材や加工品、お飾りなどを買い求める姿が目立った。

 伊豆市柏久保の農産物直売所「JA農の駅伊豆」も午前9時のオープンから混雑した。来店者は大根、白菜、ゴボウなどの新鮮野菜やミカン、もち米、コンニャク、そば、豆類、わさび漬けなどを買い求めた。生シイタケは30分ほどで売り切れる人気だった。

 同施設は「今日がピークになると思う。通常の倍ぐらいの売り上げがあるのでは」と話した。

 同施設は30日まで、年末大特売を行う。営業時間は午前9時~午後5時。31日~1月3日は休業し、4日から通常営業する。12、13日は新春感謝祭を予定している。

 【写説】年末年始用の食材などを求める買い物客=伊豆市柏久保のJA農の駅伊豆