祖父らに教わりながらこま回しにチャレンジする子どもたち=伊豆市の修善寺虹の郷

 伊豆市の修善寺虹の郷で年末年始の特別イベント「ゆく年・くる年・虹の郷」が始まり、伊豆を訪れる観光客や帰省した家族らで連日、にぎわっている。

 「お正月遊び広場」では羽根つきやこま回しが親子連れに人気で、30日は子どもが親や祖父母らと一緒に挑戦し、和やかに遊ぶ光景が見られた。幼稚園に通うきょうだいを連れ、家族6人で来園したという三島市の男性会社員(27)は「懐かしくて、面白い。昔を思い出す」と話し、子どもと一緒に楽しんだ。

 1月6日まで。期間中無休で、年頭の誓いや目標を託して飛ばす「折り紙飛行機」や、三が日限定のポイントラリー「忍者に挑戦!」なども企画した。

 問い合わせは同施設〈電0558(72)7111〉へ。

 【写説】祖父らに教わりながらこま回しにチャレンジする子どもたち=伊豆市の修善寺虹の郷