会員が丹精した盆栽12席をはじめ多彩な山野草や民芸品が並ぶ新春展示即売会=伊豆の国市小坂の山岸園展示場

 伊豆の国市小坂の山岸園で3日、恒例の新春展示即売会が始まった。伊豆趣味の会(加藤公生会長)の会員らが丹精した盆栽と、山野草などを中心に民芸品を含め300点以上がずらり。盆栽愛好者や、掘り出し物を買い求める住民らでにぎわっている。5日まで。

 盆栽展は、正月らしい梅やナンテンをはじめ黒松など見栄えの良い力作を並べて紹介。ハーブやこけ玉を取り入れた個性的な作品もあり関心を集めている。一角にはヒメシャラやカリン、ヒノキといった販売用の盆栽や山草、多肉植物もそろえ、期間中は来場者にいのしし鍋も振る舞う。商品の価格交渉にも応じる。

 同園の菊池保夫社長は「30年続く取り組み。どれもバラエティーに富んだ物ばかりなので、気軽に足を運んでほしい」と話す。

 午前10時~午後3時。問い合わせは同園〈電055(947)1782〉へ。

 【写説】会員が丹精した盆栽12席をはじめ多彩な山野草や民芸品が並ぶ新春展示即売会=伊豆の国市小坂の山岸園展示場