総会で自己紹介をする新役員=伊豆の国市古奈

 ■副会長に栗田さん(三島田方)

 東部富士地域農業経営士連絡会は8日、伊豆の国市古奈のホテル・サンバレー富士見で2019年度総会と全体研修会を行った。農業経営士52人が集まり、情報を共有しながら研さんに励んだ。

 総会では事業計画や収支予算などを決めた。役員改選を行い、会長に石田史さん(駿東・沼津地区)を承認した。三島・田方地区では副会長に栗田稔さん、理事に浅田憲太郎さん、内藤宗尊さんが就いた。

 入会予定者として、高杉正彦さん(三島市)、平野光直さん(同)、内田利光さん(函南町)を紹介した。「皆さんに教えていただき、農業を発展させる主役の一人になりたい」などと抱負を語った。

 全体研修会では記念講演を行い、県農業経営士協会第16代会長の渡辺偉さんが「私の営農人生~クレマチスの先に見え始めた新天地~」と題して話した。

 先進的な優良経営をし、地域農業の模範となって農業振興と若手農業者の育成を行う農業者を、農業経営士として県知事が認定している。同連絡会は東部、富士地域の農業経営士で組織する。

 【写説】総会で自己紹介をする新役員=伊豆の国市古奈