大野さん(右)が開いている最初で最後の絵画展=伊豆市徳永のカフェ・ルソー

 ■油彩中心に25点並ぶ

 伊豆市徳永の「カフェ・ルソー森の美術室」で29日まで、伊東市川奈に住む大野ミチエさんの絵画展「ファースト&ラスト」が開かれている。油彩を中心に水彩、パステル、デッサンなど約25点を紹介している。

 東京出身の大野さんは、神戸での高校生時代に美術部に所属し、その後に絵画教室にも通った。

 子育てや夫の転勤などで絵から離れた時期もあるが、十数年前に移住後は伊東市の教室・工房ルソーで描き、現在は仲間とパステル画のサークルも開いている。

 教室の発表会には出展経験があったが、同カフェからの依頼を受け「最初で最後」の気持ちで個展を開いたという。

 静物や人物、風景、動物などを描いた作品が並ぶ。大野さんは「作品に一貫性がないことを改めて感じた。今後は猫を主テーマに描きたい」と語った。

 営業時間は午前11時~午後5時。水・木曜日定休。問い合わせはカフェ・ルソー〈電0558(83)3445〉へ。

 【写説】大野さん(右)が開いている最初で最後の絵画展=伊豆市徳永のカフェ・ルソー