■農業・梅原さん(伊豆の国) 漁業・下山さん(伊豆)

 県は9日までに、地域の農林漁業への貢献が期待される農林漁業者・組織を奨励する「ふじのくに未来をひらく農林漁業奨励賞」の2018年度受賞者を発表した。田方地区からは農業(イチゴ)部門で梅原広隆さん(37)=伊豆の国市=と漁業部門で下山明さん(60)=伊豆市=が受賞した。

 県内で農林漁業に従事し、経営発展を目指し先進的な取り組みをおおむね3年以上行い、かつ現在活動しており、今後地域や県内の農林漁業者の模範となりうる個人または団体が対象。本年度は7人が選ばれた。

 梅原さんは、通常の冬イチゴに加え、高冷地で夏イチゴを栽培。周年栽培・周年雇用につなげ利益が向上した。下山さんは養殖が困難で高単価な大アマゴの生産に取り組み、鮮魚販売だけではなく、釣り堀、食堂、加工品販売など多角経営を実現した。

 表彰式は10日、県庁で行われる。