一年の飛躍を誓い乾杯する出席者たち=伊豆市下白岩の中伊豆ワイナリーシャトーT・S

 ■主催者代表・杉山商工会長「五輪成功につなげたい」

 2019年伊豆市新春賀詞交歓会(市商工会主催)が11日夜、中伊豆ワイナリーシャトーT・Sで開かれた。政治、商工観光関係者ら約120人が出席し、情報交換や歓談を通じて今年一年のさらなる飛躍を誓った。

 主催者を代表し、杉山羌央商工会長が「さまざまな業種の皆さんが一堂に会し、情報交換できる場にしたいと3年ぶりに開催した。実りある一年とし、2020年の東京オリンピック成功につなげたい」とあいさつ。続いて菊地豊市長は「皆さんが力を合わせたおかげで伊豆縦貫道は劇的に整備が進んだ。世界最高、最大の五輪イベントに向かって一丸となって取り組んでいきたい」と力を込めた。

 同市選出の野田治久県議は「天城北道路の開通といううれしいニュースもある。まちづくりに力を合わせ、伊豆地域や子どもたちの未来につながる一年にしたい」と期待。三田忠男市議会議長の音頭で乾杯し、歓談した。

 【写説】一年の飛躍を誓い乾杯する出席者たち=伊豆市下白岩の中伊豆ワイナリーシャトーT・S