見頃を迎えた土肥桜=伊豆市土肥の松原公園

 伊豆市土肥地区で、早咲き種として知られる土肥桜が見頃を迎えた。かれんなピンク色の花が、一足早い春の雰囲気を漂わせている。2月3日までは市観光協会土肥支部主催の「土肥桜まつり」が開かれている。

 まつりメイン会場の松原公園では、お茶のサービスや地場産品直売などを行っている。来場者は花を観賞しながら、芝生広場に設置された座席でひと休みしている。夫婦で名古屋市から来たという会社員和合隆彦さん(64)は「河津桜は有名だけど、土肥桜は知らなかった。車で通りかかり、咲いているのが見えたので立ち寄った。ピンク色できれいな桜」と話した。

 土肥金山と万福寺、土肥神社、丸山スポーツ公園、恋人岬を加えた6カ所を巡るスタンプラリーも実施。訪れた場所の数により特典を用意している。

 同地区には大小約400本の土肥桜が植栽されている。まつりは4年目。主催者は「日本で最も早咲きの桜」とPRしている。

 【写説】見頃を迎えた土肥桜=伊豆市土肥の松原公園