多くの親子連れでにぎわった「雪遊び広場」=三島市の楽寿園

 三島市一番町の市立公園「楽寿園」に27日、富士山麓から届いた雪で「雪遊び広場」(ふじのくに三島かがやきネット主催)が設けられ、多くの親子連れでにぎわった。

 今回が10回目の開催。年々参加者が多くなる人気イベント。雪は裾野市のスキー場「スノータウン・イエティ」から約60トン運ばれた。

 雪遊び広場には、スコップやバケツ、ソリなどを手に続々と親子連れが訪れ、雪だるまやボールなどを作り、冷たい雪の感触を親子で楽しんだ。

 また会場では、自衛隊協力による自衛官子ども服試着写真撮影や県ラグビー協会によるラグビー体験イベント、飲食や雑貨の販売をする「マルシェ」なども実施された。

 【写説】多くの親子連れでにぎわった「雪遊び広場」=三島市の楽寿園