柿田川のVR映像や岩石標本展示などが行われたジオパーク展=伊豆の国市の韮山時代劇場

 ■VR映像、岩石標本楽しむ 

 伊豆の国市はこのほど2日間にわたり、伊豆半島ジオパーク推進協議会と清水町と合同で「伊豆半島ジオパーク展」を韮山時代劇場で開いた。約200人が来場し、柿田川のVR(仮想現実)映像や岩石標本展示などを楽しみながら、ジオパークについて学び、知識を深めた。

 市内に二つある「世界タイトル」やジオポイント、地元高校の取り組みを紹介するパネル、葛城山の板状節理と白鳥山の柱状節理の特大写真パネルなどを展示した。認定ジオガイドがバーチャルジオツアー、岩石標本の解説なども行った。

 市観光課は「連携して伊豆半島ジオパークをPRすることで、これまでと違った魅力を伝えることができた」と話した。

 同市の「第13回パン祖のパン祭」の一環として実施した。伊豆半島ジオパークの世界認定を記念し、メインの「全国高校生パンコンテスト」でジオ部門を新設するとともに、イベント関連ブースとして同展を開いた。

 【写説】柿田川のVR映像や岩石標本展示などが行われたジオパーク展=伊豆の国市の韮山時代劇場