後援会事務所開きで2期目への決意を語る野田氏=伊豆市加殿

 ■「より多くの予算取る」

 県議選(3月29日告示、4月7日投票)の伊豆市選挙区(定数1)で再選を目指す現職、野田治久氏(61)=伊豆市修善寺、自民党公認=の後援会事務所開きが9日、加殿で行われた。

 森野弥良後援会長は「ふるさとを良くしようという一念が活動を支えている」と評価。菊地豊市長ら来賓もエールを送った。

 野田氏は「伊豆市は県内35市町で5番目に広い。治山、治水、道路改修などやるべきことがいっぱいある。できるだけ多くの予算を持ってこられるよう努める」と決意を語った。他に出馬の動きはないが「選挙があるつもりでしっかり準備する」と述べた。

 事務所は加殿136の1、〈電0558(99)9975〉。

 【写説】後援会事務所開きで2期目への決意を語る野田氏=伊豆市加殿