老舗イタリア料理店で、ドレッシング作りを楽しむ参加者=三島市のパステリア地中海

 三島商工会議所まちづくり委員会は5日、首都圏の旅行企画会社や雑誌発行業者、メディアなどを対象にした体験型モニターツアー「ファムトリップ」を実施した。三島を拠点とした観光メニュー開発を目的に、「なりわい」をテーマに、市内の事業所や観光施設にスポットを当てた初の企画。

 この日は6社から8人が参加した。パステリア地中海、三島食品、渡辺商店、遠藤製餡所など計8カ所を回った。パステリア地中海では三島野菜を使ったドレッシング作り、三島食品では駄菓子「さくら棒」の元になる焼麩の製造体験、渡辺商店ではみそ造りを見学した。焼麩の製造体験では、鉄板に水をかけると白い熱い蒸気が一気に上がり、参加者から歓声が上がった。

 参加者は「それぞれの事業所の生業は、観光客にとって非日常を感じると思う。それぞれ磨き上げると魅力ある観光につなげることができる」と感想を語った。商工会議所では「今回の参加者の意見をフィードバックして、商品化に向けて支援をしていきたい」と話している。

 【写説】老舗イタリア料理店で、ドレッシング作りを楽しむ参加者=三島市のパステリア地中海