息の合った迫力の演奏を披露する大仁中吹奏楽部=伊豆の国市

 大仁ライオンズクラブ(LC、石井正男会長)は9日、チャリティーイベント「第10回城山さくらまつり」(伊豆日日新聞後援)を伊豆の国市の狩野川堤防で開いた。城山さくら(河津桜)はやや見頃が過ぎたものの、多くの市民らが来訪し、イベントや買い物、花見を楽しんだ。

 イベントは和太鼓演奏、チアリーディング、歌謡ショーなどを繰り広げた。市立大仁中吹奏楽部は迫力のブラスバンド演奏を披露し、祭りを盛り上げた。模擬店で焼きそば、焼き鳥、から揚げ、飲み物などを販売したほか、甘酒を無料で振る舞った。募金箱も設置した。後日、市社会福祉協議会に寄付する。

 狩野川堤防沿いには同LCや旧大仁町が植えた桜並木がある。結成30周年記念事業として植えた同LCは「城山さくら」と名付け、記念碑も建てた。

 同LCは「10回目という節目の回。天候に恵まれて良かった。周りに支えてもらい行っている」と協賛団体などに感謝し「これからも続けていきたい」と話した。

 【写説】息の合った迫力の演奏を披露する大仁中吹奏楽部=伊豆の国市