元湯ケ島小を改修した市民活動センター。シンボルの桜の大木は残した=伊豆市湯ケ島

 ■元湯ケ島小を改修 新たな地域拠点に

 伊豆市湯ケ島の元湯ケ島小を改修した「天城湯ケ島市民活動センター」が、4月1日にオープンする。会議室と調理室を備えたほか、天城図書館や井上靖資料室、ジオパーク展示室「あまじお」(天城のジオ)を併設した。初日は開所式、オープニングイベントを行い、新たな拠点施設の誕生を祝う。

 開所式は午前9時半から、会議室と玄関ホールで行う。式辞、祝辞やテープカットなどを予定している。

 イベントは同10時に始める。ジオパーク実験室と題して「弁当パックのふたで作る天城の立体模型」「長野川の石ころ標本づくり」「みんなで作ろう鉢窪山」を行うほか、天城図書館リレーおはなし会、ランニングバイク試乗会(幼児向け)を同時開催する。

 市は昨年4月に移転した市役所天城湯ケ島支所や天城湯ケ島地区地域包括支援センター、社会福祉協議会天城湯ケ島支所、新設した子育て支援センターなどと合わせ、周辺を「天城湯ケ島コミュニティ複合施設」と位置付けている。

 施設利用時間は会議室、調理室が午前9時~正午、午後1~5時、同5~9時で、年末年始休館。天城図書館、井上靖資料室、ジオパーク展示室が午前9時~午後5時15分で、毎週月曜日と年末年始休館。問い合わせは天城湯ケ島支所〈電0558(85)1111〉へ。

 ■今年も桜の大木電照 29~31日に地元有志

 元湯ケ島小の改修工事で、職員室前に植えられていた樹齢数十年のソメイヨシノの大木は切らずに残した。閉校前は、毎年入学式の写真をこの桜の前で撮影するなど、学校のシンボル的存在だった。地元の有志は、今年も29~31日に桜のライトアップを行う。

 清らか広場プロジェクトが主催、日曜あるもん市と湯ケ島地区地域づくり協議会が後援する。地元の女性たちも協力し、団子や甘酒などを用意する。ライトアップは午後7~9時。天候により中止する場合もある。

 【写説】元湯ケ島小を改修した市民活動センター。シンボルの桜の大木は残した=伊豆市湯ケ島