大型重機で55匹のこいのぼりが掲げられた松原公園=伊豆市土肥

 ■松原公園に55匹

 伊豆市商工会土肥支部事業部会(小長谷順二部会長)は19日、「こいのぼり大会」を松原公園で行った。芝生広場の上空に掲げた大小55匹のこいのぼりの下で、土肥こども園の1~5歳児42人が元気に遊んだ。

 こいのぼりを付けたロープを4方向に固定。園児たちの「上がれー」という大きな声を合図に、大型重機を使ってつり上げた。園児たちはこいのぼりの下で歌や体操を披露。豆州和太鼓集団・粋鼓伝による演奏や太鼓体験なども楽しんだ。

 30年ほど続けている。こいのぼりを掲げる家庭が減ったことを受け、商工会青年部が使わなくなったこいのぼりを回収して開始。青年部解散後は、同部会が引き継いだ。園児たち手作りのこいのぼりも一緒に掲げた。開会式で小長谷部会長は「昔は(公園内の)花時計の近くに幼稚園があった。ここは大切な場所なので、これからも楽しいことを考えたい」と話した。

 【写説】大型重機で55匹のこいのぼりが掲げられた松原公園=伊豆市土肥