伊豆箱根鉄道グループのOBで組織する伊豆箱根鉄道社友会(大川明芳会長)はこのほど、通常総会を三島市の本社講堂で開き、事業計画などを決めた。

 新年度事業は、静岡デスティネーションキャンペーン(DC)の一環で行われるウオーキング参加(5月)、十五夜に合わせたススキのプレゼント(9月)などを盛り込んだ。

 大川会長は「世界遺産の富士山と青い海が同時に目に映る絶景ポイントで、静岡DCが行われている。来年は東京五輪の自転車競技が開かれることで全国や世界各国から大勢の見学、観光客が訪れる。迎える側も一人一人が心構えをしてほしい」とあいさつした。

 役員改選では、新たな副会長に柴昭浩さんと沼田勝美さん、三島地区副会長に池田奉之さん、花壇担当副会長に高橋博さん、監事に佐藤栄一さんと伊藤寛敏さんを選出した。

 終了後は、箱根関所・旅物語館で懇親会を開催し、芦ノ湖や十国峠山頂なども視察した。