スマホ決済の登録方法などの説明を聞く来店者(左)=三島市芝本町の三島信用金庫本店営業部ロビー

 地域のキャッシュレス化に向けて、三島信用金庫は23日、「キャッシュレスなんでも相談ブース」を三島市芝本町の本店営業部ロビーに設けた。QRコード決済サービスを展開する「Origami(オリガミ)」(東京都)の担当者が来店者に、キャッシュレスの説明や導入のサポートなどを行った。同金庫が、今回のような相談ブースを設けるのは初めて。

 ブースを利用した70代の女性は「小銭を使わなくて済むようになるので、スマホ決済には興味がある。利用するなら、家族と同じ会社のものを使いたいと思う」と話し、熱心に説明に耳を傾けていた。

 今回の相談窓口の設置は、キャッシュレス決済の認知や利用拡大を目的に、経済産業省が大型連休中に進める「キャッシュレスウイーク」に合わせて企画した。

 同金庫は、2020年の東京五輪・パラリンピックなどに向けて、小売店舗への導入拡大や消費者の利用促進を目指している。

 【写説】スマホ決済の登録方法などの説明を聞く来店者(左)=三島市芝本町の三島信用金庫本店営業部ロビー