大勢の来場者でにぎわうみどりまつり会場=函南町役場東側駐車場

 函南町役場を会場に27日、2019年度「みどりまつり」が始まった。色とりどりの季節の花や庭木、野菜の苗がずらりと並び、大勢の来場者が目当ての品を買い求め、長い列をつくった。28日まで。

 町、町まつり実行委員会の主催。地元の田方農業高は園芸デザイン科などがペチュニアやベゴニア、レタス、水菜などの花や野菜の苗をお手頃価格で販売。初企画として、生徒らによる季節の草花の寄せ植え体験も開き、好評だった。ハーバリウム教室もあり、関心を集めた。液肥無料配布も人気だった。

 ダイヤランドから訪れた70代の女性は「家の花壇に植えようと、オレンジや黄色がきれいなマリーゴールドを購入した」と話した。開会式では2018年に寄せられた募金とイベントの売り上げの一部から、県グリーンバンクに約10万円を寄付したことも報告した。

 【写説】大勢の来場者でにぎわうみどりまつり会場=函南町役場東側駐車場