車いすバスケットボールを体験する市民ら=三島市民体育館

 市民にスポーツに親しんでもらおうと、三島市は市民の日の29日、「スポーツ・デー」を開催し、市民体育館と温水プールを無料開放した。体育館ではトランポリン、吹き矢、スポーツチャンバラ、柔道など各種スポーツの体験コーナーが設けれ、午前中から親子連れらを中心に多くの市民が来場。さまざまなスポーツに挑戦し、楽しく汗を流した。

 今回初めて、障がい者スポーツ体験会も開き、2020年東京パラリンピック競技大会の正式種目となってい車いすバスケットボールやボッチャも行った。

 車いすバスケでは、参加者は車いすに乗り、真っ直ぐに走る練習を行った後、5人ずつに分かれ、ゲーム形式で体験。シュートが決まると参加者から歓声が上がった。車いすバスケを体験した三島市立東小3年の佐藤哲君は「楽しかった。シュートで2点も入った」と話した。

 【写説】車いすバスケットボールを体験する市民ら=三島市民体育館