総会であいさつする高橋会長(右)=伊豆市の修善寺生きいきプラザ

 ■事業計画、予算を承認

 伊豆の国市、伊豆市の保護司と賛同者で構成する大仁地区更生保護女性会(高橋真利子会長、会員130人)はこのほど、2019年度総会を伊豆市の修善寺生きいきプラザで開いた。地元開催の東部ブロック研修会などを盛り込んだ新年度事業計画や予算を承認した。

 高橋会長は「地元では10年に1度の東部ブロック研修会が10月に開かれる。役員8人だけでは手が足りないので、協力をお願いします」とあいさつした。10月11日に同プラザで予定されている。

 社会を明るくする運動への協力、静岡市の少年の家訪問、更生保護大会参加、視察研修なども計画した。

 審議終了後は、県連盟副会長の佐野多知子さん、富士宮地区会長の渡辺光代さんの講話を聴いた。

 【写説】総会であいさつする高橋会長(右)=伊豆市の修善寺生きいきプラザ