コーヒードリップの手法でだしを抽出する高橋さん=伊豆の国市中

 ■飲み比べ企画始まる 

 伊豆の国市中のコーヒー専門店「ガリオン」で30日、三島市西旭ケ丘町のだし専門店「おだし香紡」が厳選した県産のだしを楽しむイベントが始まった。バリスタがコーヒードリップの手法で風味豊かなだしを抽出。訪れた人たちは雑味のない濃厚な味わいを満喫している。

 焼津産のカツオ、マグロ、由比産のイワシの3種類を用意。ガリオンを営むバリスタの高橋聖裕さんが、うま味と香りを最大限に楽しむのに最適という82度の湯で、一度蒸らしてからじっくりと抽出している。

 イワシだしはカツオだしより魚らしいしっかりとした風味、マグロだしは主張が少なく上品な風味が特徴という。初日は無料で提供した。来店客はそれぞれを飲み比べ、違いに驚いていた。

 国内最大の80種類のだしをそろえるおだし香紡が、コーヒードリップで濃厚なだしが取れることを知り、ガリオンに提案して実現した。おだし香紡を経営する沼田(三島市)4代目の沼田行雄さんは「鍋で煮出さなくても、フィルターを使って簡単においしいだしが取れることを知ってもらいたい」と話す。

 5日まで。3種類の飲み比べが700円、カツオが300円、イワシが250円、マグロが350円。問い合わせはおだし香紡〈電055(981)7760〉またはガリオン〈電055(949)5219〉へ。

 【写説】コーヒードリップの手法でだしを抽出する高橋さん=伊豆の国市中